光脱毛でムダ毛がなくなる理由

MENU

光脱毛でムダ毛がなくなる理由


光脱毛でムダ毛がなくなる仕組みは、ある一定の波長の光に、ムダ毛の毛根に含まれるメラニン色素に働きかける効果があるからです。
光脱毛はムダ毛の毛根部分にライトを照射します。
それにより毛根を破壊してムダ毛を根元から処理するのです。
光脱毛でムダ毛がなくなるのは毛周期を上手く利用しているからです。
毛には毛周期というものがあり、毛が抜け、生えるというサイクルを繰り返しています。
光脱毛はこの毛周期を利用することで脱毛していくのです。
毛には成長期、退行期、休止期があるのですが、成長期が最も脱毛に適した時期になります。
光脱毛は毛周期に合わせて脱毛することで効率的な脱毛プランが立てられるようになっています。
成長期のムダ毛は毛根が大きくなっていて、毛根の周りには毛母細胞と毛乳頭があります。
光脱毛は毛根部分に照射することで毛根、毛母細胞、毛乳頭などを破壊します。
そうすると毛自体も抜け落ちるのですが、一度毛が抜けても時間がたつとまた毛は生えてきます。
ただ光脱毛の照射を受けた毛は前よりも細く弱くなっています。
細くなった毛を再び照射する施術を繰り返すことで、ムダ毛の生えない状態にすることができるのです。